講師紹介

フルート講師 ごあいさつ

フルーティスト 山崎たくじ

 奈良フルート教室あすかのページにご訪問ありがとうございます。

 奈良の大和西大寺でフルートのレッスンを始めてから早くも30年の歳月が流れました、趣味でフルートをはじめてみたいという初心者の方から、時にはプロとして既に講師をしている方のアドバイスを行う事もあり、今まで様々な方がフルートを学ばれてきました。

 初心者の方が気になるのは、本当にフルートが吹けるようになるのだろうか?という疑問だったり、心配があるかもしれません。

正しい順番で、息の使い方、音の出し方、フルートの組み立て方(ここで独学の場合本等を参考にした結果間違える方が多くいました)、フルートの持ち方(先生や様々なスタイル(流派)によって違いがあり、ここもクリアするのが難しい部分です)、運指、低音・中音・高音の音の出し方(ここを正しくクリアしていくと、後にピッコロ~コントラバスフルートまでの特殊管を吹く時の持ち替えが出来るようになります。※極端な例ですが、高校生の吹奏楽部の生徒さんで、学校ではチューバを担当していてピッコロを吹ける団員がいなかったため、大会でチューバとピッコロを持ち替えで出場した方がいました)等を基礎から積み重ねて行く事で、一般にはほとんどの場合、みなさん吹けるようになっておられます。

 趣味を何かお探しの方、人生にフルートを加えてみませんか!新しい世界に足を踏み入れてみましょう!


フルート講師 山崎たくじ プロフィール

吹田第一中学校吹奏楽部にてトランペットを始める、奈良県立郡山高等学校吹奏楽部にてフルートを担当、相愛大学音楽学部フルート科卒業後フランスへ留学、パリを拠点に各地で学ぶ、パリ・エコールノルマル音楽院卒、フランス国立ブローニュ音楽院修了、フランス国立エヴルー音楽学校にて学ぶ、フルートを田邊敬子、中川恵子、大嶋義実、白石孝子、若林正志、伊藤公一、持田洋、関谷弘志、福永吉宏、C.クルトゥール、G.アリロール、J.ユレル各氏に師事の他、I.リベラ、M.モラゲス、T.プレヴォー、B.シャプロン、M.ペレーズ、P=I.アルトー、J.ボリス各氏のレッスンを受講、室内楽をC.ドビュッシー女史に師事、スイスにてP=L.グラーフ、フランスにて工藤重典、P.ガロワ、イギリスにてT.ワイ各氏のマスタークラスに参加、パリ・モンパルナス・メリディアンにて5日間連続リサイタル、モルジーヌ・アヴォリアーズにてニューイヤーコンサートに出演、日本フルートコンヴェンション・アンサンブルコンクール音大生の部、パリUFAM国際フルートコンクール入賞、万里の長城杯国際音楽コンクール優秀指導者賞受賞、京都バッハ・ゾリステンとモーツァルトのフルート協奏曲をソリストとして協演、フルートカルテット・メロンジェ、ユニヴァーサル・フルートオーケストラ・ジャパン・メンバー 奈良フルート教室あすか主宰、グランクリュ・フルートアンサンブル・プロジェクト音楽監督・指揮者